轟バッテリーでは厳密な品質管理と検査の上、製品をお届けしておりますが、万一ご購入後、補償期間内に正常なご使用状態で不具合が生じた場合には、轟バッテリーにて製品の点検・調査を行い、下記の条件に基づき補償をさせていただきます。

※単なるバッテリー上がりは補償対象外です。
【例】長期間乗車していない。
ヘッドランプのつけっぱなし
電装品の使い過ぎ(エアコン・カーナビ等)

1.補償内容

下記の「補償の対象」「補償期間」に従って、無償で「新品」と交換させていただきます。また、電池交換以外の責はご容赦願います。

なお、補償適用により新品交換した場合、補償期間は当初ご購入いただいた時点からの補償期間が適用されます。

2. 補償の対象

轟バッテリーより購入されたバッテリー。
他人から譲り受けたものは対象外です。

取扱説明書に付属の補償書があること。

3.補償期間

補償期間はご購入日より起算した使用期間、または累積走行距離のいずれか早く到達した時迄です。

4.補償条件

1.補償の対象:製造上あるいは材料上の欠陥により不具合が生じたもの。

2.適用除外:補償期間内であっても、次の場合は適用除外となります。

①補償書がない場合、または必要事項が未記入の場合。

②天災、地変、火災、海難、動乱、事故などにより生じた不具合の場合。

③自動車のエンジン始動以外の用途に使用した場合。

④対象バッテリーを適合しない自動車に使用した場合。

⑤バッテリー本体に改造または修理を加えている場合。

⑥自動車自体の原因による場合。(レギュレータの設定電圧不良の場合など)

⑦不具合の発生した車のチェックができない場合。

⑧補充電により回復するもの。(但し、回復した場合の補充電料は有料です)

⑨使用上の酷使、手入れ不十分、過失または事故によって生じた不具合と認められる場合。

【例】

a.電装品などの故障、欠損、欠陥が原因。

b.過大な負荷を増設使用の為による原因。

c.ご購入後、保管中の自己放電によるもの。

d.電槽、あるいはフタが変形、破損している場合。

e.取扱説明書に示された補充電方法以外で、補充電を行った場合、または逆接続で充電した場合。

f.交通事故により破損・故障・機能低下の場合

g.バッテリーを修理・改造した場合

h.過補水、雨水や洗車時の水の浸入により液あふれが生じた場合

⑩所有者が変更となった場合。

⑪アイドリングストップ車に搭載した場合。

⑫ハイブリッド車補機用に搭載した場合。

※轟バッテリーで点検・調査の上、上記の条件により補償させていただきますので、ご相談ください。

最初のページに戻る⇒